アジア代表で世界大会へ!

マジシャンTokyo Tomoが、マジックの世界選手権FISM2022にアジア代表として出場することが決定しました。Tokyo Tomoはパフォーマーぱわぁとのユニット「まわりみち」として、今年7月にカナダのケベックシティで開催される「FISM QUEBEC 2022」にて、アジア代表として唯一コメディ部門に参戦します。


Tokyo Tomoプロフィール

  • アメリカのプロマジシャン養成学校「チャベツ・スタジオ・オブ・マジック」卒業。
  • 高知県庁公認パフォーマー。
  • 2021年10月よりドイツ・クリスタルパラスト劇場と長期契約を結び、ショー出演。

まわりみち

  • Tokyo Tomoとパフォーマーぱわぁのユニット(2010年結成)

FISM 

  • FISM(フィズム)とは、49ヵ国70,000人以上のマジシャンが所属するマジックソサエティの連合組織。3年に一度世界選手権を開催(今回はコロナ禍の影響で1年延期開催となった)。
  • 2019年の国内選考会、今年3月のアジア代表選考(コロナ禍により映像審査)を経て、世界大会本戦出場が決定した。

多くの方に楽しんでいただけるよう、全力で頑張ります!

応援よろしくお願いいたします!

0コメント

  • 1000 / 1000